記録を狙うなら、やっぱり公認コースで、ですね。

マラソン大会で使われるコースには、公認と未公認があります。

公認でないコースに対しては、何の取り決めもありません。
競技種目に示した距離が、実際にはどれ程短くとも構わないのです。

公認コースの条件は、陸連(財団法人日本陸上競技連盟)が陸上競技ルールブックの
「長距離競走路ならびに競歩路公認に関する細則」の中に定めています。

コースの主な条件には、次のようなものがあります。

公認コースの主な条件

  • 競技種目に対する距離は、短くてはならず、0.1%まで長いことは認められます。
    フルマラソンの場合、42mまでなら長くても良いということです。

  • スタートとフィニッシュ地点の直線距離が競技距離の半分以下でなければいけません。
    スタートとフィニッシュの場所が同じでない場合、フルマラソンだったら、21km以上離れていてはいけません。 東京マラソンで、都庁とビッグサイト間が11kmくらいです。

  • スタートとフィニッシュ地点の標高差が競技距離の0.1%以内でなければなりません。
    フルマラソンだったら、スタートとフィニッシュ地点の標高差が42m以内ということになります。

以上のように、距離や高低差について取り決めされていますが、この距離については、更にどのように計測するかも規定されています。

コース上の距離計測方法

  • 距離計測は、自転車およびワイヤー(鋼製巻尺より転記したもの)で行います。

  • 道路の端から30cmのところを計測します。

  • カーブや曲がり角では、その曲線部分の頂点に沿って30cm離れた地点を計測します。

また、規程には、距離標識のことにもふれており、5km毎の距離標識は必須で、大会運営のために1km毎に距離標識を設けることが望ましいとしています。

公認の申請

公認を受けるためには、いくつかのコースに関する図面と認定申請書を陸連に提出します。
申請があると、陸連から2名以上の検定員が現地に派遣されて実測調査が行われます。そして、その結果が審査のうえ適格と認められたときに公認証が交付されます。
公認の有効期間は5年間となっています。

そして、公認となった場合には、公認料を納付しなければなりません。

公認料

種目 新規 継続
ハーフマラソンより長い距離の場合 210,000円  105,000円 
ハーフマラソン以下の距離の場合 105,000円  52,500円 

以上のように、公認コースとするためには、時間と労力とお金が掛かるので、小さな規模の大会や、イベント色の強い大会では 公認を受けないようになってしまいます。

また、公認を受けない理由には、大会運営側の様々な思惑もあるようです。

いずれにしても、公認でない大会のコースの距離は、しっかり競技種目の距離が保障されているわけではありませんので、 自己記録更新を目指して頑張っているのっであれば、やっぱり公認コースの大会に参加したいですね。


財団法人日本陸上競技連盟 陸上競技ルールブック2008
Copyright (C) SeriousCitizenRunner All Rights Reserved.